三宅製粉株式会社 明治40年に創業。そば粉、小麦粉をはじめ天ぷら粉等プレミックス粉の開発、製造及び販売を行っております。
定温倉庫にて原料・製品を保管・管理。風味・香り・食感は勿論の事、科学分析(水分・灰分・蛋白・色調)を行い、高品質で安定した商品を提供出来るよう努めています。
2020年より信濃屋そば製粉の商品を継続して製造・販売しております

電話注文:06-6777-3567
FAX注文:06-6731-0094
営業時間:月〜金9:30-16:30

三宅製粉そば打ち教室について

三宅製粉そば打ち教室の特徴

三宅製粉ではそば打ち教室を開催しています。
三宅製粉ネットショップで販売するそば粉「特特選、特青菊、特白菊、ひきぐるみ、玄挽き、奈川在来石臼挽き、更科」 これらの種類のそば粉を自由に使ってそば打ちを楽しんでいただけるのが特徴です。
一回完結型のそば打ち教室なので、気楽においしいお蕎麦を打ってその日に持って帰ることができます。
ブランクのある方も、そば打ちがまったく初めての方でも、参加していただけます。
そば打ちは水回し、こね、丸出し、四つ出し、肉分け、本延し、切り、とたくさんの手順があり、それぞれ手の動かし方が違うので、覚えて一人で打てるようになるまで個人差はありますが、大抵すぐではありません。
忘れた、迷った、失敗した、それでも楽しいと思えるそば打ち教室を目指しています。

そば打ちが初めての方には

全く初めての方にはまず、「特特選」を打つことをおすすめしています。 一番打ちやすく、打ち上がりは切れにくく、また熱い蕎麦で食べても、冷たいざる蕎麦で食べても美味しいことから、そば打ちを覚えるだけでなくそれに合わせるおかずのことを考えたりして、手打ちそばを食べる楽しみが深まるとよいと思います。

そば打ちに慣れたら…食の楽しみが拡がる!

そしてそば打ちに慣れ、特特選を打つのに慣れたらぜひ他の種類のそば粉にも挑戦してみてください。たとえば、

  • 暑い夏には特白菊を打って、茹でたてをキンキンに氷水でひやしてクリクリした歯ごたえと喉越しを楽しむ、
  • または特青菊を細く切って茹でたら、冷蔵庫で冷やした山芋とつゆで冷たい山かけ蕎麦で涼とスタミナを摂る、
  • ざらつく食感と懐古的な味わいの特青菊で年越しそばを家族で囲む、
  • 特白菊だけでは難しいので特特選とハーフ&ハーフにしたり、
  • 更科に玄挽きを2割ほどブレンドして透明な蕎麦に黒いほしが浮かんだ都会的なそばを楽しむ。

食の楽しみは宝物だと思います。 現在新型コロナ感染拡大防止対策のため、残念ながら教室では試食を休止しています。 しかし四季を通していろいろな種類のお蕎麦を食べることで、自分の好みやひとの好みを知ることがとても勉強になります。 新型コロナウイルス感染の危険性がなくなったと判断できるようになれば、また試食を再開しますのでお楽しみにしていて下さい。

開催日時・持ち物等

日時は第一土曜日9:00〜と10:00〜の2回制と第三水曜日14:00〜

持ち物は:エプロン、(頭髪を覆う)バンダナ、きれいなタオル2枚、蕎麦を入れる容器、マスク

そば打ち教室での新型コロナ感染対策について

教室の安全対策として、常時換気状態にすること、教室施設内に入ると同時に手指のアルコール消毒、マスク着用・外さないこと、お金の受け渡しはそば打ちが終わってから(クロス汚染を防ぐため)としております。 また、一回の参加人数を6名までとしており、予約がキャンセル待ちの状況になることもございますが、 開催時間帯の拡大も含めて検討いたしますのでご遠慮なくご相談ください。

そば打ち教室のご予約はこちらから


トップページへもどる