厳選そば粉 如月

しっとりした質感のそば粉で、大小の黒いホシと鮮やかな実の粗挽き部分の白いホシ(粒)が美しい。
その古風な趣はゆっくりと石臼の回りつづけてきた歴史を思わせ、口の中が時代をタイムスリップするかのようです。
冷水で締めて食べると、色の濃い見た目とは意外な喉越しの良さに加え、黒とはしばみ色のホシがアクセント。蕎麦らしい草の香りが噛むほどに口いっぱいに広がります。
一年で一番寒いこの季節はお鍋の〆や湯豆腐ならぬ、「湯蕎麦」で葱や生姜をたっぷり添えてすだちぽん酢で食べてみてください。打ちたてのお蕎麦をお鍋に入れて茹で汁(そば湯)と一緒に、やけどしそうな熱々トロトロを頬張れば「着更着」いらず、なんていうのはどうでしょうか?

[ 打ち方のポイント ] 打ちやすさ★★★★★
加水率46%
くくる直前で、小豆粒大のかたまりが大きくなりにくいと感じることがあるかもしれませんが、
握って硬さが適当であれば、(それ以上水を加えず)まとめてくくってしまうのが良いです。
また、この蕎麦の美味しいポイントであるボリューム感を味わうために、延し切りは2ミリ程のやや太めがおすすめです。